もみ殻堆肥を利用した植生基材

福田石材の技術は「Made in 新潟」に登録されています

農業集落汚泥・食品産業汚泥ともみ殻を混合して堆肥化したものである米倉普通1号と、バーク堆肥の混合物を植生基材吹付工の植生基材として有効活用する技術で、従来技術である植生基材吹付工と同様の吹付機械で施工ができます。 それによって・・・
  • ●農業集落汚泥、食品産業汚泥ともみ殻のリサイクル活用
  • ●化成肥料の低減
  • ●もみ殻の使用により軽量化が図れ、作業効率が向上
等のメリットがあります。 詳しくは こちらをご覧ください。

お問い合わせ、ご相談は 本社
Re-Green事業部 
吉本まで
025-265-0191